法定申告期限後に申告内容の間違いに気づいた時
Q.確定申告の法定申告期限後に、計算を間違えたこと等による申告内容の間違いに気がつき、かつ、納める税金が多過ぎた又は還付される税金が少な過ぎたというときは、いかにして訂正すればいいですか?

A.こうしたときは更正の請求という手続きができることがあり、この手続きは税務署長に更正の請求書の提出をすることによって行います。更正の請求書の提出後は、税務署でその内容について検討がなされ、納付済みの税金が過大である等と判断されたときには、減額更正がなされ、税金の還付がなされます。
 更正の請求が認められる期間は、法定申告期限から5年以内であるのが原則です。

 なお、税務署においても、更正の請求書を手に入れることができます。そして、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」の「更正の請求書・修正申告書作成コーナー」において、画面の案内通りに金額等を入力することで、税額等が自動計算され、更正の請求書の作成を行うことが可能です。作成したデータは、電子申告(e‐Tax)による提出や、印刷して郵送等で税務署に提出することができます。